日本全国の まちおこし と 不動産 の総合ニュースサイトです。
by machizenkoku
カテゴリ
このサイトについて
1棟まるごと貸別荘!
特集
北海道ニュース
青森ニュース
秋田ニュース
岩手ニュース
山形ニュース
宮城ニュース
福島ニュース
栃木ニュース
群馬ニュース
茨城ニュース
埼玉ニュース
千葉ニュース
東京23区ニュース
東京都下ニュース
神奈川ニュース
新潟ニュース
山梨ニュース
長野ニュース
静岡ニュース
愛知ニュース
岐阜ニュース
富山ニュース
石川ニュース
福井ニュース
滋賀ニュース
三重ニュース
奈良ニュース
和歌山ニュース
京都ニュース
大阪ニュース
兵庫ニュース
鳥取ニュース
島根ニュース
岡山ニュース
広島ニュース
山口ニュース
香川ニュース
徳島ニュース
高知ニュース
愛媛ニュース
福岡ニュース
佐賀ニュース
長崎ニュース
熊本ニュース
大分ニュース
宮崎ニュース
鹿児島ニュース
沖縄ニュース
物流不動産ニュース
日本一周青春の旅
びえい新聞ニュース
北海道不動産検索サイト
東北不動産検索サイト
関東不動産検索サイト
中部不動産検索サイト
近畿不動産検索サイト
中国不動産検索サイト
四国不動産検索サイト
九州不動産検索サイト
沖縄不動産検索サイト
北海道まちおこしオフィス
東北まちおこしオフィス
関東まちおこしオフィス
中部まちおこしオフィス
近畿まちおこしオフィス
中国まちおこしオフィス
四国まちおこしオフィス
九州まちおこしオフィス
沖縄まちおこしオフィス
別荘・田舎暮らしリンク
北海道タウン誌リンク
東北タウン誌リンク
関東タウン誌リンク
中部タウン誌リンク
近畿タウン誌リンク
中国タウン誌リンク
四国タウン誌リンク
九州タウン誌リンク
沖縄タウン誌リンク
倉庫物件
東京城南物件
不動産担保ローン
以前の記事
カテゴリ:日本一周青春の旅( 34 )
現在放映中のNHK大河ドラマ「功名が辻」の舞台のひとつ、高知城 高知県高知市
2006.10.01
f0061306_12371827.jpg現在放映中のNHK大河ドラマ「功名が辻」の舞台のひとつ、高知城。
関ヶ原戦の功績により、徳川家康から土佐一国を拝領した山内一豊は、慶長8年(1603年)に城の大部分を完成させ、入城した。
享保12年(1727年)、城下町の大火で追手門以外の城郭のほとんどを焼失したが、宝暦3年(1753年)までに創建当時の姿のまま再建されたと言う。
その後は、自然災害や明治維新による全国的な廃城の機運、太平洋戦争など幾度となく襲った危機を乗り越え、「南海道随一の名城」と呼ばれる優美な姿を残している。

高知城天守閣
入場料 18歳以上 400円(団体320円)
      18歳未満 無料
開館時間  2006年4/1~6/30 
9:00~17:30(入場17:00まで)
             7/1~7/20 
9:00~18:00(入場17:30まで)
             7/21~8/31 
9:00~19:00(入場18:30まで) 
             9/1~2007年1/8 
9:00~17:00 (入場16:30まで)
  
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
さて今日は高知城にいってきた!
24万石とはどんなもんかは想像がつかないがとにかくすごかった!
城内にはアイスクリンという昔ながらの味をしたアイスがあり
食べながら城を見た。
高知は本当に歴史がある町だな~
また貴重な体験をしたなと思う一日でした。
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-10-01 12:48 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
プロ野球規格の松山市中央公園野球場「坊ちゃんスタジアム」 愛媛県松山市
2006.09.24
f0061306_10562851.jpg「坊ちゃんスタジアム」の愛称で親しまれている松山市中央公園野球場。
両翼99.1m、中堅122m、ナイター設備を完備したプロ野球規格の球場だ。観客席は4階建てで、収容人員は3万人。平成12年度7月に供用を開始した。
内野は混合土、外野は天然芝を採用。 グラウンドの広さは、甲子園とほぼ同じ約14,300㎡。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
坊っちゃんスタジアムに来た。
このスタジアムはNPBも使用する球場でかなりでかい。
僕が来た理由は一か月という節目と
プロになるという意識が僕の中に芽生えてきたからなんです。
この旅が始まった時は正直、
理想と現実のギャップにまんまとハマッてて
それこそ野球なんかできる状態じゃなくて旅も続けられるか不安だった。
けどその時の僕を支えてくれたのは
ブログを通して知り合った人・コメントを書いてくれた人・それに東京の友達や先輩方だった。
この一か月決して楽しい事だけじゃなかった
泣いた日も実はあったしね(笑)
それでもなんとかこうして今、愛媛という町に僕はいるんだって思うと
こうなったらガンガンいっちゃうか~
って気持ちになる(^o^)
この一か月はすげく濃ゆい一か月だったな~(笑)
もう迷いはない!
こうなったら四国制覇してプロになる!
21歳と遅咲きと思われるるかと思うが
もう決めた(^o^)
僕の夢はプロ野球選手になる事です!
アイランドリーグに入ったら目標は3割・30盗塁・失策0!
そして…
やっぱりチームの優勝でしょ(^o^)
それが今の僕の夢です
今日、球場の中には入りませんでした。
それは…
24日にとっておいたのと次は選手として来よう。
そう思ったから(笑)
頑張ります☆
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-09-24 10:56 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
JR松山駅前、赤ワイン風呂のある天然温泉「キスケの湯」 愛媛県松山市
2006.09.17
f0061306_18561047.jpg四国・松山と言えば「道後温泉」が全国的に有名だが、JR松山駅のほぼ正面にも、一風変わった浴室を持つ健康ランドがある。
天然温泉「キスケの湯」。
男湯は全15種類、女湯全16種類あり、「ワイン風呂」などもある。
伊予鉄道松山市駅前や道後温泉駅前に比べ、やや殺風景な印象の強いJR松山駅前だが、「キスケの湯」はちょっとした「旅人のオアシス」と言えるだろう。
入館料は大人(中学生以上)550円、小人(0歳~小学生)300円。営業時間は午前10時~深夜2時、札止め深夜1時。所在地は愛媛県松山市宮田町4番地(キスケBOX1F)、電話は(089)998-3300。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
JR松山駅の近くに
キスケという健康ランドがあったので
今日は健康ランドにもいきました
温泉やマッサージチェアなど設備が抱負で
癒された~(^o^)
温泉には珍しいというか恥ずかしい思いをした…
風呂に入ってたら突然女性の方が入ってきて
えーーーっっっ
俺は21にもなって「男湯」「女湯」の区別が着かないのくわ?(涙)
なんて思いながらもしっかり体を洗い出ようとしたら
よく見ればスタッフの方がサウナにあるタオルを交換しにきただけだった…
しかしサウナには客がいるはず…
きゃーーー
な、気持ちですな(笑)
健康ランドのスタッフも楽でないなって
思ったがすごく恥ずかしかったのはなぜか?
多分、見られてないだろ~。

(笑)
とまぁ、改めてスタッフの頑張りだ!
と思いながら若干緊張しつつ風呂に入ろうと思い
まずはじめに入ったのが
ワイン風呂!
これが真っ赤で確実に白ではないなって思い入ってみました
なんか、そういえば肉料理には赤ワインが合うと聞いた事があるな~
!!!
まさかね~(笑)
赤ワイン風呂は肌がスベスベになり筋肉痛が吹き飛ぶ感じで肉が締まった感じが……
(笑)
つまり気持ち良かったんですよ(^^;)
次は珍しいサウナを発見しました
その名も…
塩サウナ!!
あれ…
赤ワインで肉を引き締めてから塩を振れば…
ん~~…
塩サウナはですね~入る前に塩を体に
スリスリして入るんですが体がポッカァ~になって
気持ち良かったですよ!
他にも実は色々な風呂やサウナがありまして~
スーパージェットや歩行風呂や霧吹きサウナなどかなり楽しめました!
おかげでスベスベになりました(^o^)
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-09-17 19:04 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
石垣の高さは日本一、瀬戸内を望む丸亀城 香川県丸亀市
2006.09.10
f0061306_8403716.jpg400年の歴史を刻む丸亀城は、石垣の高さが日本一。
400年を経た今日でも決して色あせることなく、自然と調和した独自の様式美を現在に残している。
「石垣の高さ、美しさ」から、(財)日本城郭協会が選定した「日本の100名城」にも選ばれ、花見や散歩など市民の憩いの場として親しまれている。

丸亀城(天守閣)入場料
大人 200円
小人(小・中学生) 100円
団体(30人以上) 1人につき上記の金額の2割引

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
今日は朝から曇り空で雨が降りそうな天気でした
そんなちょっと憂鬱な中チャリをいつものように漕いでいると
丸亀城跡地にやってきました~!
門構えからなんか威圧感を感じなぜか…
いつか俺も住みてぇな
なんて思ってしまいました(笑)
しかし、お城があるとこには急な坂道・登り坂がつきもので
下り坂は写真の通りで、もちろんダッシュしました!
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-09-10 08:41 | 日本一周青春の旅 | Comments(1)
映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地、庵治(あじ)町 香川県高松市
2006.09.03
f0061306_10503447.jpg香川県高松市庵治(あじ)町。
2006年1月に高松市に編入合併されるまでは、「木田郡庵治町」だったところだ。
場所は高松市の中心部からは海岸沿いに東へ車で30分ほど。
瀬戸内海国立公園の一画にあり、四国本土の最北端(竹居岬)があるなど、隣接する「屋島」と並んで風光明媚なマチだ。石材産業も盛んで、「庵治石」の名でも知られている。
また昨今では、映画「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地となったことから、訪れる人も多い。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
今日は昨日コンビニで四国の情報紙をよんでて、高松市近くに
なんと、あの「世界の中心で愛をさけぶ」のロケ現場がある!
ということでこれは是非見に行きたいと思い、
高松市から車なら30分でママチャリなら90分の庵治町に行ってきました!
庵治町には温泉や漁港などがある港町で
なかなか雰囲気の良いとこでした。
庵治町についてさっそくロケ現場を探していると、
すでに看板がでており、すぐにわかりました!
まず最初に行ったのは、
あのサクとアキが写真をとった写真館。
あのシーンは見た人にはすぐに分かると思いますが、
少年時代のサクとアキが照れくさそうに撮った写真のシーンでして、
僕は好きですね(笑)
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-09-03 11:18 | 日本一周青春の旅 | Comments(1)
鳴門の渦潮を45m眼下に望む現代のキャットウォーク「渦の道」 徳島県鳴門市
2006.08.27
f0061306_2112630.jpg某番組の影響もあってか、「現代のキャットウォーク」が注目を浴びている。
「渦の道」は、世界三大潮流の一つ「鳴門の渦潮」を眼下に望む、大鳴門橋の橋桁空間に設置された遊歩道だ。まさに現代のキャットウォークと言える。
入り口から4展望室までは「海上散歩」を楽しむこと450m。先端の展望室は太平洋側、瀬戸内海側ともに眺望できるガラス張り。床下にも眺望ガラス床がはめこまれ、世界三大潮流の一つ「鳴門の渦潮」を、約45mの高さからガラス越しにのぞくことができる。

「渦の道」
 所在地
  〒772-0053
  鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65
  TEL 088-683-6262
  FAX 088-683-6266
 開館時間
  夏季(3~9月)
  9:00~18:00 ※入場は17:30まで
  GWと夏休み期間は8:00~19:00
         ※入場は18:30まで
  冬季(10~2月)
  9:00~17:00 ※入場は16:30まで
 館内の設備
  大画面生中継映像。
  観光情報提供システム(阿波ナビ)端末。
  ベビーカー6台・おむつ台有り。
 入場料
  大人/500円 中高生/400円 小学生/250円
   ※団体(20名以上)
  大人/ 400円 中高生/320円 小学生/200円

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
小鳴門橋につき、それを渡ってさらに7Km進むと鳴門海峡が見える、
「渦の道」につくのだ!
チャリをとめ、そこからは歩いて専用通路を通るのだが、
もうドキドキで
通路の下は海なので
分けのわからないテンションで
展望室に行くと。。
もう、素晴らしいとしか言い様がない!
鳴門の名物、大渦がものすごい勢いで巻いてたんすよ!
もうこれには疲れなんかふっとばしちゃうくらいすごくて!
自然の神秘だな~なんて思ったり(笑)
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-08-27 02:11 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
壱歩、ニッポン1周リレーの第二走者、内海健至さんが四国へ向け出発 東京都渋谷区
2006.08.22
f0061306_23482834.jpg有限会社壱歩(東京渋谷区、小林英里社長)が企画した「日本の『いぃ所』を探す旅、ニッポン1周リレー!」の第二走者、内海健至さんが8月22日、四国へ向け、渋谷区の同社を出発した。
同企画は、参加者(走者)である若者がリレー方式で日本各地を自転車で巡り、各都道府県の住民の方々と触れ合いながら、若者ならではの視点で地域特有の魅力を【発見⇒発信】していくというもの。
第二走者の内海さんは、第一走者の小林大記さん同様、自転車で旅をしながら、その土地の「いぃ所」の情報をブログで配信する予定で、今回は旅の過程で更に独立リーグ「四国アイランドリーグ」の入団テストを受験、野球選手を目指すという企画だ。
現在内海さんは東京港をフェリーで出発、一路徳島へ向かっている。

詳細は
有限会社壱歩
http://ippo.tv

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
あ~泣きそう。すんげー、緊張してるし不安もたくさんあるし、けども、これは僕の挑戦!なんだかんだ、楽しみで仕方ないんすよ(笑)
初めての一人旅。その先に待っているものは?果たして、プロに僕はなれるのか?みなさん!期待しててください!僕は男ですから、必ず、いい旅をして帰ってきます!
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-08-22 23:42 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
有限会社壱歩、「ニッポン1周リレー!」の第一走者が本州一周を終えゴール 東京都渋谷区
2006.07.30
f0061306_21421426.jpg有限会社壱歩(東京渋谷区、小林英里社長)が企画した「日本の『いぃ所』を探す旅、ニッポン1周リレー!」の第一走者、小林大記さんが7月29日、自転車による本州一周の旅を終えて、渋谷区の同社にゴールした。
同企画は、参加者(走者)である若者がリレー方式で日本各地を自転車で巡り、各都道府県の住民の方々と触れ合いながら、若者ならではの視点で地域特有の魅力を【発見⇒発信】していくというもの。
第一走者の小林さんは、3月30日に東京都渋谷区の同社を出発。122日間をかけて東京から太平洋側を西へ進み、山口県からは日本海側を北上、青森県から南下し、昨日東京に到着した。この間の旅の様子はほぼ毎日ブログで公開、応援メッセージなどを含め、1日当たり200名を超えるアクセスがあったという。
なお、同企画は第二走者のケンジさんにバトンタッチされ、「四国一周編」としてスタートする。

詳細は
有限会社壱歩
http://ippo.tv

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
帰ってきました
ついに
東京に帰ってきました!!
みんながゴールテープを渋谷で張っていてくれて、それを最後のラストスパートで突き抜けました
みんなで飲む酒と料理、なんてうまいんだ、なんて楽しいんだろう
みんなと一緒に楽しい時を過ごしながら、今までの事を思い返してみました
出発当時、ボクはただただ辛かった、いいところを探すのに一生懸命で、でも体力も精神もついていかなくて
何度も弱音を吐いて、今見直せば赤面血便ものの恥ずかしい自分がそこにいました
でも途中から、とある時から
旅を楽しもうって純粋に思えるようになったんです
そして終盤、旅の終わりの足音が近づいてくるたびに、喜びと、寂しさが、同時に押し寄せてきました
だからこそ、この最後の数日は自分なりに思いっきり楽しもう!!
と、思うことが出来ました
ボクはみなさんに伝えたい事がひとつ、あります
ブログを通して出逢えた人達、旅を通して出逢えた人、身近な友人、家族…様々な人々の言葉と思い、何気ない一言に支えられて、今のボクがいます
誰か一人かけたとしても、今のゴールにたどり着いてからのボクはいないと思います
みなさん、本当に、ほんとうに、本当に、ありがとうございました!!!!
これでボクの旅、本州編は終わりです
でも、次の走者である四国編を回るケンジ君にバトンは受け継がれます
こうしてこの企画が、思いが、繋がっていけばいいな、と、思います
それではみなさん
今まで応援してくださって、本当にありがとうございました!!
また
いつか
日本のどこかで
逢いましょうね
ありがとう
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-07-30 11:10 | 日本一周青春の旅 | Comments(1)
「餃子」と「ジャズ」でまちおこし 栃木県宇都宮市
2006.07.23
f0061306_1332610.jpg岩手県盛岡市の冷麺、静岡県富士宮市の焼きそばなどと並び、今や全国的に有名な栃木県宇都宮市のご当地料理「餃子」。
栃木県はにらの生産量が日本一。白菜や小麦など、餃子の素材にも事欠かない。宇都宮市が餃子の消費量日本一というのもうなづける。
また、昨今の宇都宮市では、餃子だけでなく「ジャズ」によるまちおこしも盛んだ。2001年8月に宇都宮市と各民間団体の代表が立ち上げた「うつのみやジャズのまち委員会」では、数々の音楽イベントに取り組んでいる。街角からジャズの音色がが聴こえる、 そんなマチを目指して奮闘中といったところだ。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
今日向かったのは餃子の町、宇都宮!ここに来るまでは餃子が食える事だけにウキウキしてたんですが
なんと、
ジャズの町だって?!
確かに町の商店街や飲み屋街をチェックしてみると、ジャズバーや喫茶が点々と…
餃子とジャズの町なんて、なんて、なんて贅沢なんだ!!笑
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-07-23 13:06 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
イーハトーブの世界を体感、年間20万人が訪れる宮沢賢治記念館 岩手県花巻市
2006.07.16
f0061306_1882533.jpg詩や童話、教育、農業、科学など、多彩な活動を繰り広げた宮沢賢治。
昭和57年9月21日(賢治の命日)に開館した宮沢賢治記念館は、年間20万人超の見学者が訪れる花巻市屈指の観光スポットだ。
同記念館では賢治の愛用品、原稿など賢治ゆかりのものの展示のほか、ビデオやスライド、図書資料などで賢治宇宙にアプローチすることができる。

宮沢賢治記念館
所在地 : 〒025-0011 岩手県花巻市矢沢1-1-6
電 話 : 0198-31-2319
F A X : 0198-31-2320
開館時間 : 午前8時30分~午後5時
※7月20日(木)~8月31日(木)は午後6時まで開館
休館日 : 12月28日~1月1日

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
雨ニモ負ケズ、風ニモ負ケズ、やってきました花巻は宮沢賢治記念館!!
ボクはそこまで宮沢賢治の事を知っているわけではなく、せいぜい彼は物書きだと言う位が限度でした
しかしここに来てビックリ!!
詩、童話はわかりますが、絵や農業までしていたなんて、全く知りませんでした
童話の映像やその他もろもろ、色々みている内に気づけば1~2時間ほど経過、普段の生活以外で時間を忘れるのなんか久しぶりです
宮沢賢治は岩手県の事をイーハトーブと言いました、それは銀河の空間や自然が織りなす自分にとっての夢の国である、と言うことらしいです
彼はもぅこの世にいませんが、自分にとっては、いい出逢いをしたなぁと思った
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-07-16 18:13 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)