日本全国の まちおこし と 不動産 の総合ニュースサイトです。
by machizenkoku
カテゴリ
このサイトについて
1棟まるごと貸別荘!
特集
北海道ニュース
青森ニュース
秋田ニュース
岩手ニュース
山形ニュース
宮城ニュース
福島ニュース
栃木ニュース
群馬ニュース
茨城ニュース
埼玉ニュース
千葉ニュース
東京23区ニュース
東京都下ニュース
神奈川ニュース
新潟ニュース
山梨ニュース
長野ニュース
静岡ニュース
愛知ニュース
岐阜ニュース
富山ニュース
石川ニュース
福井ニュース
滋賀ニュース
三重ニュース
奈良ニュース
和歌山ニュース
京都ニュース
大阪ニュース
兵庫ニュース
鳥取ニュース
島根ニュース
岡山ニュース
広島ニュース
山口ニュース
香川ニュース
徳島ニュース
高知ニュース
愛媛ニュース
福岡ニュース
佐賀ニュース
長崎ニュース
熊本ニュース
大分ニュース
宮崎ニュース
鹿児島ニュース
沖縄ニュース
物流不動産ニュース
日本一周青春の旅
びえい新聞ニュース
北海道不動産検索サイト
東北不動産検索サイト
関東不動産検索サイト
中部不動産検索サイト
近畿不動産検索サイト
中国不動産検索サイト
四国不動産検索サイト
九州不動産検索サイト
沖縄不動産検索サイト
北海道まちおこしオフィス
東北まちおこしオフィス
関東まちおこしオフィス
中部まちおこしオフィス
近畿まちおこしオフィス
中国まちおこしオフィス
四国まちおこしオフィス
九州まちおこしオフィス
沖縄まちおこしオフィス
別荘・田舎暮らしリンク
北海道タウン誌リンク
東北タウン誌リンク
関東タウン誌リンク
中部タウン誌リンク
近畿タウン誌リンク
中国タウン誌リンク
四国タウン誌リンク
九州タウン誌リンク
沖縄タウン誌リンク
倉庫物件
東京城南物件
不動産担保ローン
以前の記事
カテゴリ:和歌山ニュース( 21 )
【1棟まるごと貸し別荘!】 和歌山県の貸し別荘・コテージ
【1棟まるごと貸し別荘!】
和歌山県の貸し別荘・コテージ


2012年06月06日更新

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
たまゆらの里(コテージ32棟)
所在地 : 和歌山県海草郡紀美野町長谷宮705
設備等 : 露天風呂,バーベキュー設備など
料 金 : 1泊12,400円~(2~8人用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
パートナーズハウスゆあさ(コテージ全10棟)
所在地 : 和歌山県有田郡湯浅町大字山田1638-1
設備等 : 食事提供あり,ドッグラン,ドッグプールなど
料 金 : 1泊21,000円~(2~5人用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
山荘 琴の滝荘(コテージ全5棟)
所在地 : 和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見55
設備等 : 大浴場,レストランなど
料 金 : 1泊18,000円~(5~6人用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
リゾート大島(コテージ全10棟)
所在地 : 和歌山県東牟婁郡串本町樫野1035-6
設備等 : 露天風呂,バーベキュー設備,各種アクティビティなど
料 金 : 1泊14,700円~(6~8人用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ログハウス サンビラ(コテージ全5棟)
所在地 : 和歌山県東牟婁郡串本町有田1157
設備等 : レストランなど
料 金 : 1泊10,000円~(2~8人用)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

※掲載データ・写真はいずれも「じゃらん」より。
※掲載データ・写真はいずれも更新時点の内容です。
※利用料金は季節や宿泊人数によって変動する場合があります。

1棟まるごと貸し別荘! トップページへ

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2012-06-06 21:00 | 和歌山ニュース | Comments(0)
古座川町、移住検討者「上級者」向けの短期滞在型施設で利用者を募集 和歌山県古座川町
2007.11.27
f0061306_20351562.jpg和歌山県古座川町(こざがわちょう)は、同町へ移住検討者向けの体験住宅として提供している「鶴川短期滞在住宅」の上級者版とも言える「楠短期滞在施設」の利用者を募集している。
同施設は、6畳2間に、台所、トイレ、風呂、その他生活用品などを完備した一軒家。利用期間は3日以上30日以内。利用料は1日1,500円。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-11-27 06:38 | 和歌山ニュース | Comments(0)
和歌山県、和歌山市と海南市で「スタ-トアップ・オフィス」の入居者を募集 和歌山県和歌山市
2007.11.21
和歌山県は、和歌山県経済センター(和歌山市)及び和歌山リサーチラボ(海南市)に開設している「スタ-トアップ・オフィス」にて、新規の入居者を募集する。
今回募集するオフィスは、和歌山県経済センター内の相部屋タイプ5名(10階部分、33.33㎡の部屋を使用予定)、及び和歌山リサーチラボ内の個室タイプ3室(2・3階部分、41.095㎡等、予定)。入居資格は、和歌山県内で新たに創業しようとする人、創業して間もない事業者(3年未満)、新分野への進出や新分野での研究開発に取り組む事業者など。募集期間は、平成19年11月20日(火)~12月7日(金)。郵送の場合、12月7日(金)必着分まで有効。なお、入居者の選定に当たっては、審査委員会による審査が実施される。
入居予定日は平成20年1月上旬。入居料は個室タイプが1㎡当たり1,000円/月(消費税含む)、相部屋タイプが一律5,000円/月(消費税含む)。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-11-21 19:55 | 和歌山ニュース | Comments(0)
和歌山県、インキュベーション施設「スタートアップ・オフィス」の入居者を募集 和歌山県和歌山市
2007.08.02
和歌山県は、和歌山県経済センター及び和歌山リサーチラボに開設したスタ-トアップ・オフィスへの入居者を募集する。なお平成19年度からは、経済センターに「相部屋タイプ」のスタートアップ・オフィスを1室(最大6名入居)開設、こちらの募集も同時に実施している。
募集期間は8月1日(水)~9月3日(月)、郵送の場合9月3日(月)必着分まで有効。募集オフィスは和歌山県経済センター・個室タイプ3室予定(6・10階 20.228㎡、33.15㎡等)、同相部屋タイプ6名(10階33.33㎡の部屋使用予定)、和歌山リサーチラボ・個室タイプ5室予定(2・3階 41.095㎡等)。入居資格は、和歌山県内で新たに創業しようとする人、創業して間もない事業者(3年未満)、新分野への進出や新分野での研究開発に取り組む事業者など。応募方法は、所定の申込用紙(入居申込書、ビジネスプラン)に記入の上、持参又は郵送にて提出。
入居予定日は10月1日(月)。入居料(個室タイプ)は1㎡当たり1,000円/月(消費税含む)、共益費及びインターネット回線の使用・接続料は無料、各ブースで使用する電気料、電話料は入居者負担となる。相部屋タイプは、経済センターの1室に机・椅子を6台設置し、パーテーションで区切ったオフィスで、インターネットは1回線を無料で使用できる。入居料は一律5,000円/月(消費税含む)。
入居期間は、個室タイプが1年以内(年度途中で入居の場合も3月31日まで)、2回まで更新可、相部屋タイプが6ヶ月以内、更新は1回まで可。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-08-02 05:39 | 和歌山ニュース | Comments(0)
古座川町、定住希望・検討者向けに短期滞在用住宅を提供 和歌山県古座川町
2007.07.13
f0061306_14423722.jpg和歌山県古座川町は、同町への定住を希望する人や検討している人のために、短期滞在用住宅1棟を提供している。
滞在中に各種体験や交流などしてもらい、地域への理解を深めてもらうのが狙い。 滞在可能期間は3日以上30日以内。 利用料は1日1,000円。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-07-13 14:43 | 和歌山ニュース | Comments(0)
和歌山県、首都圏で「紀州材」を利用し、PR活動を行う施設を募集 和歌山県和歌山市
2007.05.10
和歌山県林業振興課は、首都圏にて「紀州材」を利用し、PRに繋がるモニュメンタルな施設を募集、その整備に対して補助金を交付すると発表した。
紀州材とは、和歌山県内の森林で生産され、県内で製材・加工された木材や加工品。今回の募集は、首都圏における紀州材のPRを目的としたもので、企業や教育機関、まちづくり団体などから、紀州材を活用した建物のアイディアを募り、その施設整備に対して最高1,000万円の補助を行うというもの。
募集期間は5月~6月の予定で、採用・決定は7月の予定。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-05-10 07:02 | 和歌山ニュース | Comments(0)
和歌山県、県内の山村情報を紹介するサイト「わかやま山村インフォメーション」を開設 和歌山県和歌山市
2007.04.02
f0061306_11413171.jpg和歌山県は4月2日、県内の山村情報を紹介するサイト「わかやま山村インフォメーション」を開設した。
同サイトは、県内の森林と山村への「移住」と「交流」を促進するために開設されたもので、山村地域などでの生活を体験・研修できる施設や、農林業に関する基本的な技術の研修施設、「山村留学」の実施校、林業に関する雇用の情報のほか、紀州備長炭業界への「新規参入」の案内など、「山村暮らし」に関する多彩なコンテンツを設置している。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-04-02 11:48 | 和歌山ニュース | Comments(0)
匠の会、和歌山県で人工林を育成する「匠の森プロジェクト(仮称)」を発表 和歌山県田辺市
2007.01.19
首都圏の工務店ネットワーク協同組合匠の会(東京都千代田区)は18日、和歌山県田辺市で人工林を育成する「匠の森プロジェクト(仮称)」を発表した。
同プロジェクトは、近年わが国における人工林が不健全な状況が大きな問題となる中、問題の根幹は「国産材需要の不安定さ、見通しのなさ」である点を指摘。同会ではこれまでも和歌山県の林産地とつながり、国産材の積極活用を進めてきたが、さらにその持続可能性を確固たるものにするため、同会自身が費用を負担し、和歌山県田辺市において人工林の育成に取り組む同プロジェクトを立ち上げた。
同プロジェクトでは、単に人工林を育成するだけではなく、首都圏を中心とする一般市民や地元田辺市の小学生等にも様々な形で参画してもらい、「山、街、家のつくり手」が一体となって人工林を育て、動かしていく試みを行うと言う。

「匠の森プロジェクト(仮称)」今年度前半の活動計画
 1月28日(日)
  定例セミナー(於 東京都新宿区)にて、林業家(山長林業)
  との調印式
 1月~
  匠の森の名称一般公募開始(2月半ばまで)
 2月~4月
  和歌山県知事、田辺市長との会談(予定)
 3月17日(土)~18日(日)
  匠の森(仮称)ツアー。第1回植林。植生観察会等を予定。
 5月3日(祝)
  木の家づくりセミナーにて、ツアーの様子、今後の活動計画
  などを報告
 5月24日(木)
  田辺市長、地元の小学生と一緒に記念植樹

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-01-19 09:47 | 和歌山ニュース | Comments(0)
和歌山県、「和歌山県住生活基本計画(仮称)」素案に関するパブリックコメントを募集 和歌山県和歌山市
2007.01.08
和歌山県は、「住生活基本法」の制定(平成18年6月)に伴い、住宅政策を総合的かつ計画的に実施するために、同法第17条に基づく和歌山県住生活基本計画(仮称)策定に向けて検討を開始、その計画の素案に対する県民の意見を広く募集(パブリックコメント)を実施する。
意見の募集期間は1月4日(木)~1月31日(水、必着)。資料の閲覧はホームページもしくは県庁住宅環境課(県庁本館4階)、和歌山県情報公開コーナー(県庁本館2階)、各振興局総務室、各建設部(除く海草建設部)建築課または建築グループにて可能。意見の提出方法は郵送、FAX,若しくは電子メールにて。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-01-08 18:53 | 和歌山ニュース | Comments(0)
北山村、特産「じゃばら」で地域振興、花粉症対策用品などが好評 和歌山県北山村
2006.11.23
和歌山県北山村がネット上などで直販を行っている特産の「じゃばら」製品が好評だ。
「じゃばら」とは、ユズやカボスに似た酸味のある柑橘。「蛇腹」と呼ばれることが多く、「邪気を払う」から名付けられたと言われている。
近年は天然素材の花粉対策商材として注目されており、平成15年・17年には、和歌山県工業技術センターが、アレルギーの原因となる脱顆粒現象の抑制を期待できることを日本食品学会で発表している。
11月から始まる予約受付では、受付開始日に即日完売するなど、年々注目度が高まっていると言う。
この「じゃばら」を販売しているのは、和歌山県北山村役場が運営する「北山村販売センター」。全国的に市町村合併が進む中、北山村は「じゃばら」で生き残りを図る方針だ。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-11-23 19:14 | 和歌山ニュース | Comments(0)