日本全国の まちおこし と 不動産 の総合ニュースサイトです。
by machizenkoku
カテゴリ
このサイトについて
1棟まるごと貸別荘!
特集
北海道ニュース
青森ニュース
秋田ニュース
岩手ニュース
山形ニュース
宮城ニュース
福島ニュース
栃木ニュース
群馬ニュース
茨城ニュース
埼玉ニュース
千葉ニュース
東京23区ニュース
東京都下ニュース
神奈川ニュース
新潟ニュース
山梨ニュース
長野ニュース
静岡ニュース
愛知ニュース
岐阜ニュース
富山ニュース
石川ニュース
福井ニュース
滋賀ニュース
三重ニュース
奈良ニュース
和歌山ニュース
京都ニュース
大阪ニュース
兵庫ニュース
鳥取ニュース
島根ニュース
岡山ニュース
広島ニュース
山口ニュース
香川ニュース
徳島ニュース
高知ニュース
愛媛ニュース
福岡ニュース
佐賀ニュース
長崎ニュース
熊本ニュース
大分ニュース
宮崎ニュース
鹿児島ニュース
沖縄ニュース
物流不動産ニュース
日本一周青春の旅
びえい新聞ニュース
北海道不動産検索サイト
東北不動産検索サイト
関東不動産検索サイト
中部不動産検索サイト
近畿不動産検索サイト
中国不動産検索サイト
四国不動産検索サイト
九州不動産検索サイト
沖縄不動産検索サイト
北海道まちおこしオフィス
東北まちおこしオフィス
関東まちおこしオフィス
中部まちおこしオフィス
近畿まちおこしオフィス
中国まちおこしオフィス
四国まちおこしオフィス
九州まちおこしオフィス
沖縄まちおこしオフィス
別荘・田舎暮らしリンク
北海道タウン誌リンク
東北タウン誌リンク
関東タウン誌リンク
中部タウン誌リンク
近畿タウン誌リンク
中国タウン誌リンク
四国タウン誌リンク
九州タウン誌リンク
沖縄タウン誌リンク
倉庫物件
東京城南物件
不動産担保ローン
以前の記事
<   2006年 12月 ( 133 )   > この月の画像一覧
日本綜合地所、横浜市本郷台で共用施設に「岩盤浴」などを設置した分譲マンションを販売 神奈川県横浜市
2006.12.27
f0061306_17204047.jpg日本綜合地所株式会社(東京都港区、西丸誠社長)は、横浜市「本郷台」駅前立地の大規模新築分譲マンション「レイディアントシティ本郷台」プロジェクトを始動したと発表した。現在、マンションパビリオンにて事前案内会(完全予約制)を開催しており、第一期の販売は来年1月上旬の予定。
「レイディアントシティ本郷台」は、JR根岸線「本郷台」駅前の開発総面積約13,945㎡、総戸数274戸の大規模分譲マンション。全体計画では、採光性に優れた南東・南西向きの配棟と四季の彩りを演出する植栽計画、奥行4mのオープンエアリビングバルコニー(実用新案登録)住戸を多数用意するなど、ゆとりと健やかさを備えた住空間を提供。また、敷地内にはリモコン式電動シャッターを設置した全戸分の駐車場を完備(専用駐車場付住戸を除く)しており「人車分離」の動線を採用するなど、暮らしの利便性と安全性にも配慮する。
さらに、分譲マンションでは首都圏初※1 となる岩盤浴施設を設置するなど共用施設にも注力。54台の防犯カメラ、24時間の有人管理、エントランスや宅配ボックスの鍵として使える「Suica※2」なども導入する。

※1)2000年1月以降に分譲されたマンションを対象
   (2006年4月現在)MRC調べ。
※2)「Suica」は、東日本旅客鉄道株式会社の登録商標。

レイディアントシティ本郷台 物件概要
 総戸数:274戸
 所在地:神奈川県横浜市栄区小菅ヶ谷二丁目2300番12他
 交通:JR根岸線「本郷台」駅徒歩3分
 敷地面積:12,469.58㎡
 構造・規模:鉄筋コンクリート造地下1階地上13階建
 専有面積:67.50㎡~120.50㎡
 間取り:2LDK~4LDK
 完成予定時期:2008年9月中旬
 入居予定時期:2008年10月中旬

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-27 17:20 | 神奈川ニュース | Comments(0)
夢の街創造委員会とエイブル、新居で即周辺情報を提供する「エイブル出前館」を開設 大阪府大阪市
2006.12.26
インターネットの宅配・デリバリー専門サイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会株式会社(大阪市中央区、中村利江社長)は、株式会社エイブル(東京都港区、平田竜史社長)と業務提携し、2007年1月下旬よりエイブルのホームページ上で「エイブル出前館」をオープンすると発表した。
両社では、引き続き「エイブル駆けつけ館」をオープンする予定。なお「エイブル出前館」は、2007年2月1日より期間限定で、共同プロモーションキャンペーン企画「新生活応援!『引越しピザ』プレゼントキャンペーン(仮)」を、出前館の主要加盟店であるピザハットの協力を得て実施する。
夢の街が運営する宅配・デリバリー専門サイト「出前館」は、北海道から沖縄まで全国約6,400店舗以上(2006年8月末)の加盟店の情報を掲載し、サイト上で注文を受け付ける仕組みを提供。また、困った時に駆けつけるサービスの専門サイト「駆けつけ館」は、修理や生活トラブルの解決に来てくれる加盟店の情報や、地域の公共情報を掲載し、サイト上で見積もりや依頼を受け付けるという仕組みを提供している。
一方、エイブルは、日本最大級の店舗網(直営・ネットワーク店舗を含み890拠点以上)を持ち、賃貸仲介市場のリーディング企業として、賃貸仲介を中心とした業務を展開している。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-26 16:52 | 大阪ニュース | Comments(0)
三井不動産、JFEビルディングを建て替え、(仮称)丸の内一丁目地区建替計画を推進 東京都千代田区
2006.12.26
f0061306_1511245.jpg三井不動産株式会社(東京都中央区、岩沙弘道社長)は、千代田区丸の内一丁目1番2号の「JFEビルディング」を解体し、新たに「(仮称)丸の内一丁目地区建替計画」を推進すると発表した。
竣工は平成22年春の予定。テナントには株式会社三井住友銀行が入居し、同行の本店として利用する。

計画敷地概要
 所在地:東京都千代田区丸の内一丁目
 面積:約5,430㎡
 用途地域:商業地域
 建蔽率:100%
 容積率:1300%

新建物概要
 階数:地上23階地下4階
 高さ:約120m
 延床面積:約8,000㎡
 用途:事務所・店舗

スケジュール
 解体着工:平成19年4月中旬予定
 竣工:平成22年春予定

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-26 15:02 | 東京23区ニュース | Comments(0)
アークスペース、インターネットTV電話でレンタルボックスの導入説明を開始 大阪府大阪市
2006.12.25
アークスペース株式会社(大阪府大阪市、中井哲矢社長)は12月25日より、同社が販売する機械式立体駐車場専用レンタルボックス「P‐CUBE(ピー・キューブ)」の導入説明を「ブラウザ対応型インターネットTV電話」でも行えるようにしたと発表した。
P-CUBEは、現在高さ制限が原因で契約がつかない空き駐車場に収納ボックスを設置し、レンタルボックスとして運用するシステム。今回の「ブラウザ対応型インターネットTV電話」の導入により、遠隔地での導入説明も時間的なロス無く可能となると言う。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-25 18:56 | 大阪ニュース | Comments(0)
富士急行、三井物産から「相模湖ピクニックランド」事業を譲り受け 神奈川県相模原市
2006.12.25
富士急行株式会社(山梨県富士吉田市、堀内 光一郎社長)は、三井物産株式会社の100%子会社である株式会社相模湖ピクニックランド(神奈川県相模原市、田中浩司社長)が所有する同遊園地の営業資産及び土地等と、三井物産が所有する相模湖ピクニックランド事業用地を、来年2月11日を目処に両社から譲受けることで、本日合意したと発表した。
相模湖ピクニックランドは今後、富士急行グループの経営方針に基づき、再スタートすることとなる。今回の譲受けにより、富士急行グループは、首都圏エリアにおける広大かつ潜在的な魅力の高いリゾート経営資源を拡充し、同グループのレジャー・不動産・運輸などの経営資源と相互補完することにより、収益力の拡大及び経営資源の価値向上を図る。
三井物産は、1972年に「自然に親しむ」ことをテーマに同遊園地を開設、1975年には株式会社相模湖ピクニックランドを設立した。同遊園地の来園者数は
30万5,000人(2006年3月期)、売上は9億1,400万円(2006年3月期)。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-25 18:18 | 神奈川ニュース | Comments(0)
ネクスト、不動産情報ポータルサイト「HOME’S」で住まいの10大ニュースを発表 東京都中央区
2006.12.25
不動産情報ポータルサイト「HOME’S」を運営する株式会社ネクスト(東京都中央区、井上高志社長)は、エンドユーザーの関心の高さに基づいた2006年の住まい関連における10大ニュースについてのアンケート調査を実施、このほどその結果を発表した(調査協力:株式会社住宅新報社)。

調査概要
 調査対象 :首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)在住の
        20代~50代の男女
 調査手法 :インターネット調査
 有効回答数 :1,000人(男性500人、女性500人)
 調査期間 :2006年12月13日(水)~12月14日(木)
 調査協力 :株式会社住宅新報社

<2006年住まいの10大ニュース>
1位:シンドラー社製エレベーター事故 (注目度:61.8%)
2位:姉歯元建築士逮捕 (注目度:52.8%)
3位:ゼロ金利解除へ (注目度:47.0%)

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-25 17:46 | 東京23区ニュース | Comments(0)
アットオフィス、ネットワークを完備したセミナールームをオープン 東京都目黒区
2006.12.25
f0061306_17231223.jpg株式会社アットオフィス(東京都目黒区、大竹弘社長)は、社員同士の交流を深め、社内コミュニケーションを向上させることを目的とした4つのコラボレーションスペースとネットワークを完備したセミナールームをオープンしたと発表した。
同社では、日常的な部署内の会議から、部署を越えた交流の場まで、用途に合わせて選べる4つのコラボレーションスペースとネットワークを完備したセミナールームをオープン。セミナールームではノートPCを持ち寄っての講演にも対応可能。

コラボレーションスペース概要
所在地:東京都目黒区大橋2-22-6 唐木ビル5階
面積:セミナールーム46.21㎡
    コラボレーションスペース67.75㎡

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-25 17:23 | 東京23区ニュース | Comments(0)
東京建物、福岡市薬院でオフィス主体の複合施設を開発 福岡県福岡市
2006.12.25
東京建物株式会社(東京都中央区、畑中誠社長)は、福岡市中央区薬院にてオフィス主体の複合施設を開発すると発表した。
同計画は、先日同社が発表した博多区祇園町のグルメシティ渕上店跡地におけるオフィス主体の複合施設開発とほぼ同時に行われる。計画地は西鉄大牟田線「薬院」駅近くの「薬院しろやま乃湯」跡地で、商業集積地「天神」に隣接するエリア。同社では、一部店舗を含むオフィス主体の複合施設として開発を進めると言う。

薬院プロジェクト 概要
 所在地:福岡市中央区薬院1-9他
 交通:西鉄大牟田線「薬院」駅徒歩2分
 敷地面積:4,407.85㎡
 建物計画:地上14階地下1階
 竣工予定:平成21年

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-25 16:16 | 福岡ニュース | Comments(0)
飯山市、田舎暮らしで農業をはじめてみたい人に住宅支援 長野県飯山市
2006.12.25
長野県飯山市では、田舎暮らしで農業をはじめてみたい人に住宅支援を実施する。
同事業は、農業を目指したい人へ定住支援策の一環で、応募資格は18歳から35歳までの田舎暮らし希望者。約2年間安価で部屋を賃貸しする。物件は8畳和室(1室)、台所、風呂、トイレ完備。家賃は20,000円/月(高熱水費別)。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-25 13:56 | 長野ニュース | Comments(0)
川根本町、都市部の独身女性を対象に「田舎暮らしの学校ちゃっきり娘養成講座」を開講 静岡県川根本町
2006.12.25
f0061306_1341879.jpg静岡県川根本町は、都市部に住む独身の女性を対象に「田舎暮らしの学校ちゃっきり娘養成講座」を開講する。
同講座は、都市部の独身女性に、日常生活から離れ、山の農業や自然・採れた野菜などを使った加工品作り等々、四季折々の「山の暮らし」を体験してもらうと言うもの。週末だけの田舎暮らしを、地元の父ちゃん・母ちゃん・兄ちゃん・姉ちゃん達「援農隊」が、時にはやさしく、時には厳しくサポートすると言う。
参加条件は、静岡県内在住の概ね20歳から45歳までの独身女性(子様連れ可)で、真剣に山村での農作業体験と地元の方々との交流を希望する人。 定員は15名程度(平成18年度の募集は締切、19年度の募集は2月下旬~3月中旬を予定)。

講座の内容 (18年度に実施されたプログラム)
 メインは畑作業
 その他…茶摘み・茶染め・手揉み茶体験、新緑・紅葉ハイ
       キング、カヌー、収穫した野菜を使った料理・お茶
       料理、蕎麦打ち・こんにゃく作り、星空観察、もち
       つき等
 期間:年度ごと1年を通して計10回程度。
 時間:月1回(土・日) 土曜日の午後~日曜日の午前
     (プログラムによっては変更有)
 体験料:年間を通して3,000円(保険料・事務費など)
     ※ただし、交通費・食費・交流会費・宿泊費等は参加者の
       負担。
 体験場所: 川根本町地内(主に「農林業センター」で実施)

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-12-25 13:41 | 静岡ニュース | Comments(0)