日本全国の まちおこし と 不動産 の総合ニュースサイトです。
by machizenkoku
カテゴリ
このサイトについて
1棟まるごと貸別荘!
特集
北海道ニュース
青森ニュース
秋田ニュース
岩手ニュース
山形ニュース
宮城ニュース
福島ニュース
栃木ニュース
群馬ニュース
茨城ニュース
埼玉ニュース
千葉ニュース
東京23区ニュース
東京都下ニュース
神奈川ニュース
新潟ニュース
山梨ニュース
長野ニュース
静岡ニュース
愛知ニュース
岐阜ニュース
富山ニュース
石川ニュース
福井ニュース
滋賀ニュース
三重ニュース
奈良ニュース
和歌山ニュース
京都ニュース
大阪ニュース
兵庫ニュース
鳥取ニュース
島根ニュース
岡山ニュース
広島ニュース
山口ニュース
香川ニュース
徳島ニュース
高知ニュース
愛媛ニュース
福岡ニュース
佐賀ニュース
長崎ニュース
熊本ニュース
大分ニュース
宮崎ニュース
鹿児島ニュース
沖縄ニュース
物流不動産ニュース
日本一周青春の旅
びえい新聞ニュース
北海道不動産検索サイト
東北不動産検索サイト
関東不動産検索サイト
中部不動産検索サイト
近畿不動産検索サイト
中国不動産検索サイト
四国不動産検索サイト
九州不動産検索サイト
沖縄不動産検索サイト
北海道まちおこしオフィス
東北まちおこしオフィス
関東まちおこしオフィス
中部まちおこしオフィス
近畿まちおこしオフィス
中国まちおこしオフィス
四国まちおこしオフィス
九州まちおこしオフィス
沖縄まちおこしオフィス
別荘・田舎暮らしリンク
北海道タウン誌リンク
東北タウン誌リンク
関東タウン誌リンク
中部タウン誌リンク
近畿タウン誌リンク
中国タウン誌リンク
四国タウン誌リンク
九州タウン誌リンク
沖縄タウン誌リンク
倉庫物件
東京城南物件
不動産担保ローン
以前の記事
カテゴリ:日本一周青春の旅( 34 )
白鳥の湖?宇部市民の憩いの場、常盤公園 山口県宇部市
2006.05.16
f0061306_1342261.jpg「桜の名所100選」や「日本都市公園100選」にも選ばれた山口県宇部市の常盤公園。
園内には、熱帯植物園や石炭記念館、常盤神社、野外彫刻美術館など数多くのレジャースポットがある。遊園地もあり、ジェットコースターや観覧車、ウォーターコースターなどが100円から乗ることができることから、市民の憩いの場として親しまれている。
アクセスはJR宇部線常盤駅より常盤公園方面へ徒歩15分。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
一見普通の公園なんですが、進んでいくと白鳥だらけ!!
どうやらここは様々な種類の白鳥とペリカンが数百羽いるそうです!!
公園を白鳥達が闊歩してる姿なんて始めて見ました。
いや~かわいいねぇ…ベンチでぼーっと鳥たちを眺めていると、一組の親子が白鳥たちに近づいて行き、餌をあげていました。
すると鳥たちはガーガー言いながら陸地に上がってきたり遠くから接近。一組の親子を取り囲む鳥たち、端から見たら可愛らしい光景かもしれない。
が、ボクの目からみたらこの構図、もはやヒッチコックの「鳥」状態…君たち逃げるんだー!!
そんな事を妄想していたら恐怖感に見舞われたので、そそくさと逃げ出してしました
まぁそれは置いといて、この公園はペリカンのカッタ君という生物が有名のようです、残念ながら素人目からしたらどれがどれだか…
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-05-16 13:43 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
「日本のエーゲ海」 岡山県牛窓町
2006.05.06
f0061306_1494315.jpg岡山県南部、瀬戸内の美しい多島海を臨む牛窓町。一年を通じて晴れの日が多く、その風光明媚な景色と温暖な気候から「日本のエーゲ海」と称されている。
また、自然だけでなく格子窓のある家、白壁の土蔵、大きな井戸や焼板の塀、造り酒屋の豪商家など、歴史を感じさせる建物も多く、訪れる人を魅了してやまないマチだ。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
「向かった先は牛窓という場所。日本のエーゲ海がキャッチフレーズのこの町、どんなところかと思ったら、なんとも素敵な海が広がっていました!」
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-05-06 14:17 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
丹波黒大豆の城下町 兵庫県篠山市
2006.04.30
f0061306_232407.jpg兵庫県中東部、平成の大合併により1999年に誕生した篠山市。盆地特有の「寒暖差」を生かした農業が盛んなマチだ。とくに「丹波黒大豆」は全国的にも有名。近年はJR福知山線(宝塚線)の複線電化により、大阪都市圏へは片道1時間程度の通勤圏となっている。
情緒溢れる「城下町」でもあり、観光地としての色彩も強い。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
「やってきましたのは兵庫県篠山、ここは昔からの城下町と商店街で賑わう昔と今がブレンドされた町。ここを一言で言うとしたら…小さい頃の夏休みって感じかな。
商店街の雰囲気や人の感じが何となくそんな風に感じました。」
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-04-30 22:58 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
「ディープな大阪」が息づくマチ 大阪市 通天閣界隈
2006.04.28
f0061306_1691674.jpg大阪市の南、「ディープな大阪」が息づくマチ、通天閣界隈。展望タワー「通天閣」は、長らく大阪のシンボルとして親しまれてきた。初代の建物は火災で焼失、現在の通天閣は2代目の建物だ。
通天閣の「麓」には、今なお「ディープな大阪」と言われる街並みや店舗が多い。たこ焼きや串カツといった、全国的に有名な大阪の「ご当地料理」のほか、昨今では殆ど見かける機会のない「スマートボール」を置く遊技場などもある。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
f0061306_1622964.jpg「スマートボールというパチンコの前身らしきゲームがある店。これは簡単に言ってしまえばピンボールのようなもので、玉を右端のスプリングでとばしてポイントに玉を入れていき、最後に自分の手元に残っている玉の数で景品がもらえたりするものです。これが意外と面白い!パチンコよりも断然分かりやすくてハマりやすい!!この世界にもプロのようなおっさんがいるみたいです 笑。」
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-04-28 16:19 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
「古代史」の舞台を保存・活用、国営飛鳥歴史公園 奈良県明日香村
2006.04.22
f0061306_031133.jpgわが国古代の政治、文化の中心として栄えた飛鳥。
国営飛鳥歴史公園は、その豊かな自然と文化的遺産の保存・活用を図った施策の一環として整備された。
同公園は都市公園法第2条第1項第2号の「ロ)国家的な記念事業として、又はわが国固有の優れた文化的遺産の保存及び活用を図るための閣議の決定を経て設置する都市計画施設である公園または緑地」に基づく公園(ロ号国営公園)であり、祝戸、石舞台、甘樫丘、高松塚周辺の4地区(総面積46.1ha)からなっている。わが国固有の優れた文化遺産の保存及び活用を図るための公園としては、全国で初めてのものである。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
「本日は明日香村の飛鳥に行ってきました。昔ながらの町並みがしっかり残っていて、なかなか歴史を感じます。とりあえずはじめにいったのは飛鳥公園。なぜここに行ったかというと公園なのに展望台がある!気になる!行く!万葉集に歌われたと言われる植物並木を歩き、展望台へ。」
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-04-22 00:32 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
万葉集にも詠まれた砂州半島、片男波公園 和歌山県和歌山市
2006.04.19
f0061306_19504349.jpg万葉集にも多くの風光美が詠まれている、和歌公園内の片男波地区。ここは和歌浦湾に注ぐ和歌川の河口部に沿うようにできた、延長千数百メートルにも及ぶ狭長の砂州半島に位置する。
片男波公園は、歴史的景観を踏まえ、周囲との調和を図りながら、子供から高齢者まで、誰もが手軽にスポーツ・レクレエーション、文化活動などが楽しめる公園として整備された場所である。

つなげろ!ニッポン青春リレーの旅より
「片男波公園、名前が気になったのでいってみました.ここはかなりいいですよ、すごい広々としていて、少しいくと海にも出られるし散歩好きにはかなりおすすめな場所です!」
つなげろ!ニッポン青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-04-19 19:56 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
梅観音、梅資料館のある道の駅「うめ振興館」 和歌山県南部川村
2006.04.17
f0061306_991584.jpg最高級の梅干し「南高梅」の産地として知られる和歌山県南部川村。
3年前、梅林の中を抜ける国道424号線沿いに道の駅「南部川うめ振興館」が誕生した。南部の梅を広くPRする拠点としてつくられた、村営の道の駅である。
一番の見どころは、全国でも珍しい梅資料館(入場料400円)だ。
日本で唯一、役場に“うめ課”のある南部川村。村の千七百世帯のうち、千二百世帯が梅農家という村だけに、梅のPRにかける意気込みが伝わってくる。梅資料館には取材の申し込みが年に50~60件ほどあり、テレビや雑誌にも度々登場しているという。

つなげろ!ニッポン1周リレー青春の旅より
「今現在ボクがいるのが道の駅、うめ振興館。ここに置いてある梅観音なるもの、どうやら梅で出来ているようです!う~ん、この微妙な表情にグッときてしまいます」
つなげろ!ニッポン1周青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-04-17 09:12 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
奇岩が続く世界遺産「鬼ヶ城」 三重県熊野市
2006.04.15
f0061306_20534430.jpg平成16年7月7日、熊野古道、鬼ケ城を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録された。
伊勢から熊野三山へと向かう伊勢路は、いくつもの峠を越える厳しい山道。鬼ケ城と隣接する熊野古道「松本峠」を越えると、約25km続く七里御浜のなだらかな道に変わる。荒々しい海岸線の終わりに位置する鬼ケ城は、その険しさを象徴するかのように人を圧倒する自然の造形となっている。

つなげろ!ニッポン1周リレー青春の旅より
f0061306_20544386.jpg「峠を下ると鬼ヶ城という気になる場所が…いってみると…びっくりです!!こんなもん自然に出来ちまうもんなのかって言いたくなるような岩場、どうやら昔鬼と言われた海賊たちがここを根城にしていたようです。」
つなげろ!ニッポン1周青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-04-15 20:58 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
熊野灘臨海公園内の道の駅「紀伊長島マンボウ」 三重県紀伊長島町
2006.04.13
道の駅「紀伊長島マンボウ」は熊野灘臨海公園レクリエーション都市の公園施設内に位置し、地域の文化や観光案内、特産物などの魅力を紹介している。新鮮な海の幸、特産品を販売しているほか、焼きたてのパン・地魚(マンボウ等)定食を味わうことができる。
周辺のみどころには、 江戸時代に奉納された、百歌仙を描いた極彩色の絵馬がはめ込まれた「格子絵天井」「高塚山展望台」「熊野古道」「古里温泉」などがある。

f0061306_2114818.jpgつなげろ!ニッポン1周リレー青春の旅より
「今は紀伊長島マンボウという道の駅にいるんですが、ここまでくるのもかなり泣きそうでした。42号線という道路を通ってきたんですけど、この道がなかなかのクセ者とにかく山道山道山道の繰り返し!何個山を越えたのか…ほんとにつらかっった・・・でも途中で温泉に入ったので身体はなかなかスッキリです。明日からは和歌山に向かいます、和歌山につくまでに三重はどんな顔を見せてくれるんでしょう?」
つなげろ!ニッポン1周青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-04-13 21:14 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)
現代に生きる宿場町「関宿」 三重県亀山市
2006.04.12
f0061306_20333885.jpg江戸時代の宿駅制により東海道に整備された宿場町、関宿。
東海道、伊勢別街道、大和街道の分岐点でもあるこのマチは、古くから残る建物だけでなく、近代の建築物までもが昔の町並みに再現・保存されていている。通りに電柱が無くスッキリとした印象だが、単なる観光地ではなく、今でも活きた「生活のマチ」である点が印象的だ。
なぜ、このマチの人は「復元」してまで古い家並みが残そうとするのか?
地元のある人は、こう答えたと言う。古い生活をしたいのではなく、いい生活をしたいのだと。

つなげろ!ニッポン1周リレー青春の旅より
「関の街についたんですけど、ここが何とまぁ昔の香りが残るなかなか素敵なところでした!朝だったので店は開いてませんでしたが、天気のいい昼下がりなんかにこの街を散歩したらさぞかし気持ちいいだろうなぁと感じました。」
つなげろ!日本一周青春リレーの旅
by machizenkoku | 2006-04-12 20:42 | 日本一周青春の旅 | Comments(0)