日本全国の まちおこし と 不動産 の総合ニュースサイトです。
by machizenkoku
カテゴリ
このサイトについて
1棟まるごと貸別荘!
特集
北海道ニュース
青森ニュース
秋田ニュース
岩手ニュース
山形ニュース
宮城ニュース
福島ニュース
栃木ニュース
群馬ニュース
茨城ニュース
埼玉ニュース
千葉ニュース
東京23区ニュース
東京都下ニュース
神奈川ニュース
新潟ニュース
山梨ニュース
長野ニュース
静岡ニュース
愛知ニュース
岐阜ニュース
富山ニュース
石川ニュース
福井ニュース
滋賀ニュース
三重ニュース
奈良ニュース
和歌山ニュース
京都ニュース
大阪ニュース
兵庫ニュース
鳥取ニュース
島根ニュース
岡山ニュース
広島ニュース
山口ニュース
香川ニュース
徳島ニュース
高知ニュース
愛媛ニュース
福岡ニュース
佐賀ニュース
長崎ニュース
熊本ニュース
大分ニュース
宮崎ニュース
鹿児島ニュース
沖縄ニュース
物流不動産ニュース
日本一周青春の旅
びえい新聞ニュース
北海道不動産検索サイト
東北不動産検索サイト
関東不動産検索サイト
中部不動産検索サイト
近畿不動産検索サイト
中国不動産検索サイト
四国不動産検索サイト
九州不動産検索サイト
沖縄不動産検索サイト
北海道まちおこしオフィス
東北まちおこしオフィス
関東まちおこしオフィス
中部まちおこしオフィス
近畿まちおこしオフィス
中国まちおこしオフィス
四国まちおこしオフィス
九州まちおこしオフィス
沖縄まちおこしオフィス
別荘・田舎暮らしリンク
北海道タウン誌リンク
東北タウン誌リンク
関東タウン誌リンク
中部タウン誌リンク
近畿タウン誌リンク
中国タウン誌リンク
四国タウン誌リンク
九州タウン誌リンク
沖縄タウン誌リンク
倉庫物件
東京城南物件
不動産担保ローン
以前の記事
カテゴリ:静岡ニュース( 80 )
沼津駅北拠点施設整備構想研究会、導入施設の方向性を示す提言を発表 静岡県沼津市
2007.08.02
静岡県と沼津市が共同で設置した「沼津駅北拠点施設整備構想研究会」(会長:千谷基雄日本大学短期大学部商経学科教授学科長)は8月1日、沼津駅北地区における導入施設の整備の方向性を示す提言を発表した。
同提言では、医療機能や研究開発型産業などの集積と豊かな自然環境、歴史、文化、観光地を県東部地域の広域的な連携を通じて最大限に活用し、国内外からの多様で先進的な人、もの、情報が交流するための拠点の形成をめざし、その中核的機能・施設として、コンベンション施設及び展示イベント施設を沼津駅北地区に整備するとしている。
具体的な導入施設は、コンベンション施設(平土間形式の大・中・小会議室)を中核とし、展示イベント施設(施設等を充実・強化したキラメッセぬまづの後継施設)、補完施設(地域に賑わいと活力を生み出す交流施設)、行政サービス施設(市等の各種手続きや証明書発行などの窓口サービス)、ホテル(民間活力導入施設)、駐車場(500台以上)、多目的広場(屋外展示、各種イベント等の開催に利用)、マンション(定住・街なか居住促進のための施設)、業務施設(オフィス)、商業施設など。
また、実現にむけた課題としては、施設の規模・仕様等の具体化、県・市の財政負担軽減等のための民間活力導入手法(定期借地方式、等価交換方式、PFI等)、効率的な管理・運営手法(指定管理者制度等)、他のコンベンション施設等や観光地との連携などを挙げている。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-08-02 06:27 | 静岡ニュース | Comments(0)
ツカサグループ、「昭和30年代村」現地見学会を按針祭に合わせて開催 静岡県伊東市
2007.08.01
「昭和30年代村」(静岡県伊東市)を企画・運営するツカサグループ(東京都品川区、川又三智彦代表)は、8月7日~10日に開催される第61回・伊東温泉「按針祭(あんじんさい)」に合わせ、第22回「昭和30年代村見学会」を8月9日(木)・10(金)開催すると発表した。
見学会当日は、伊東郊外の現地のほか、昭和30年代村のPR用パイロットショップとして伊東駅前商店街にオープンした「キネマカフェ伊東劇場」「キネマカフェセントラル縁結び商店街」にて天候の影響を受けないアーケードを利用し、商店街と協力した「まちおこしイベント」も同時に開催する。
「伊豆昭和30年代村」は、「暮らせて、働けて、生きていける本物の村を作る」をコンセプトとした永住型テーマパーク。静岡県伊東市富戸の57,000坪の土地に約1,500人が住む予定で、2007年より一部着工予定。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-08-01 11:19 | 静岡ニュース | Comments(0)
静岡ターミナルホテル、「ホテルアソシア静岡」を9月20日にリニューアルオープン 静岡県静岡市
2007.07.26
静岡ターミナルホテル、「ホテルアソシア静岡」を9月20日にリニューアルオープン 静岡県静岡市_f0061306_518948.jpgJR東海グループの静岡ターミナルホテル株式会社は、同社が運営する「ホテルアソシア静岡ターミナル(静岡市葵区黒金町56)」を「ホテルアソシア静岡」に名称変更し、9月20日(木)にリニューアルオープン(全館営業再開)すると発表した。
今回の改装工事は、昭和58年(1983年)に開業して以来の大規模なもので、主要な施設をすべてリニューアルし、明るく格調高い高品質なホテルを目指すとしている。既に4月より一部施設の改装工事に着手、8月1日からは集中工事のため全館休業する。
改装内容は、玄関・外装のリフレッシュ、ロビーおよび車寄せの拡張、全客室の内装・バスルーム取替え、広い客室を増加、大宴会場「駿府の間」の全面改装と上下エスカレーターの整備、和洋中の高級レストラン4店舗開設、パソコン、高速インターネット、プリンタ完備のビジネスセンターの開設など。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-07-26 05:18 | 静岡ニュース | Comments(0)
大丸、浜松市鍛冶町地区再生事業への大型百貨店出店で基本協定書を締結 静岡県浜松市
2007.07.24
株式会社大丸(大阪市中央区)は、本日開催した取締役会において、株式会社アサヒコーポレーションと同社及び関係権利者が浜松市鍛冶町地区再生事業で建設する商業施設への出店について基本協定書を締結することを決議したと発表した。
同社は、大都市に立地する大型百貨店の出店を出店戦略の基本に置いているが、同物件はこれにふさわしい優良な候補物件であると考え、昨年夏以降、デベロッパーの株式会社アサヒコーポレーション並びに浜松市と出店に向けた諸条件について協議を重ねてきた。今後、開業に向けて店舗計画の策定に着手する。

計画概要
 計画位置:浜松市中区鍛冶町124‐1他
 規模、構造:地下4階地上9階建て
 延床面積:約67,400㎡、
営業階は地下1階~9階、地下2階~地下4階は駐車場
 契約形態:建物賃貸借
 開業時期:平成22年11月(予定)
 営業面積:約34,000㎡
 初年度売上目標:約250億円
 総投資額:約150億円

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-07-24 17:52 | 静岡ニュース | Comments(0)
国土交通省、磐田駅前地区第一種市街地再開発事業を事業認定 静岡県磐田市
2007.07.12
国土交通省、磐田駅前地区第一種市街地再開発事業を事業認定 静岡県磐田市_f0061306_662954.jpg国土交通省は7月9日、磐田駅前地区市街地再開発組合による磐田駅前地区第一種市街地再開発事業を事業認定した。
同地区を含む磐田駅周辺の中心市街地は、都市機能の更新が遅れ、商業活動が停滞し、人口の減少・高齢化が進むなど、中心地としての活力・拠点性が急速に低下しつつあることから、公共施設の整備や都市機能の拡充・更新、磐田市の顔として相応しい個性豊かな魅力ある街並みの形成等を図ることにより、都市住民にとって利便性・快適性の高い生活拠点として、地区の再構築が求められている。
同事業は、土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図ることを目的として、駅北土地区画整理事業と並行し、都市計画道路磐田駅天竜線をシンボルロ-ド化し、快適で魅力ある歩行者空間の創出を図るとともに、中心商業地としての再整備を進めるため、商業機能の拡充・更新を図る一方、これと合わせて都市型住宅の整備を行い、都心居住の促進を図ると言うもの。
事業施行期間は平成18年2月8日~平成19年9月30日。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-07-12 06:06 | 静岡ニュース | Comments(0)
JR東海、浜松駅改良工事を完了、商業施設もリニューアル 静岡県浜松市
2007.06.15
JR東海、浜松駅改良工事を完了、商業施設もリニューアル 静岡県浜松市_f0061306_10421249.jpgJR東海は6月14日、浜松駅の改良工事の完了に伴う駅設備の概要を発表した。
今回の改良では、従来コンコースの反対側にあった「きっぷうりば」を新幹線と在来線の改札口の間に移設し、有人窓口と指定席券売機(ATV)端末を並べ、視認性を向上させた。また、新幹線改札内の待合室を全面リニューアルし、新幹線改札内のトイレ数を増やしてサービスを向上させるともに、多機能トイレを新設した。
なお、商業施設部分「MAY ONE EKIMACHI(メイワン エキマチ)」についても駅の改良工事に合わせ、リニューアルを実施した。商業施設の名称は「MAY ONE EKIMACHI(メイワン エキマチ)」。同施設はコンコース西側(ウエスト、平成18年11月11日開業、店舗面積約1,300㎡、全23店舗)と、コンコース東側(イースト、平成19年3月15日開業、店舗面積約1,400㎡、全13店舗)で構成される。
今回の工事費は約40億円。約200本の耐震補強工事も実施している。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-06-15 10:42 | 静岡ニュース | Comments(0)
静岡県、浜名湖ガーデンパークのオープンカフェ出店事業者を募集 静岡県浜松市
2007.06.06
静岡県は現在、「浜名湖ガーデンパーク」(浜松市)のオープンカフェ出店事業者を募集している。
同公園では、アンケートで利用者からの要望が多かった園内の中央部に、新たに「花木園」の雰囲気を楽しみながら飲食が可能なオープンカフェを計画。出店期間は平成19年8月8日(水)から平成19年11月4日(日)。営業時間は原則として10時~16時まで。
事業者の選定は一般公募による。応募資格は申請までに飲食店営業(自動車)の許可を得ている法人。申請書類内容及びプレゼンテーションをもとに選定委員会が審査を行い、事業者を決定する。
募集要項配布は6月 4日(月)から6月15日(金)9時30分から17時まで。現地説明会は6月15日(金)13時30分から。申請受付期間は6月19日(火)~6月29日(水)9時30分から17時まで、審査(プレゼンテーション)は7月11日(水)の予定。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-06-06 13:27 | 静岡ニュース | Comments(0)
静岡県住宅振興協議会、「住まいの文化賞受賞住宅見学会」の参加者を募集 静岡県静岡市
2007.05.30
静岡県住宅振興協議会は、「住まいの文化賞受賞住宅見学会」の参加者を募集する。
同協議会は毎年、県民が心豊かに多様な住まい方が実現できるよう、自然、風土、伝統文化等の地域特性を生かした住宅を「静岡県住まいの文化賞」として顕彰し、住文化の育成と住宅産業の振興を図っている。 同見学会はその活動の一環として、受賞住宅を実際に目で見て体感してもらうと言うもの。今回の見学会で訪問する住宅は、平成18年度受賞住宅の3軒。

見学会 開催概要
 主催:静岡県住宅振興協議会(静岡県庁住まいづくり室内)
 開催日:平成19年7月6日(金) 
 集合場所:JR静岡駅南口 午前9時30分集合(厳守)
 見学先:静岡市内、富士市内の受賞住宅3軒、富士市内の
  歴史的建造物1軒
 費用負担:昼食代1,500円を当日集金
  ※バスの借上げ料及び旅行傷害保険料は協議会で負担。
 定員:25名

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-05-30 09:22 | 静岡ニュース | Comments(0)
静岡県、「防波堤」を海釣り公園に整備、1年間で約13,000人が来訪 静岡県熱海市
2007.05.16
静岡県、「防波堤」を海釣り公園に整備、1年間で約13,000人が来訪 静岡県熱海市_c0108635_16413.jpg静岡県は、地元熱海市と協力して整備した熱海港の防波堤を海釣り公園の来訪者数が、平成18年4月28日のオープン以来、約1年で約13,000人に達したと発表した。
防波堤は、波浪や津波などから船舶や港内施設、さらに背後地域を守ることを目的としたものだが、過去に高波による釣り人の転落事故があるなど、危険な側面もあることから、看板や柵、チェーン等で立ち入りを制限してきた。一方、防波堤周辺は、魚たちにとって格好の餌場でもあり、又すみかでもあることから、絶好の釣りポイントであることもよく知られている。
県と市では、こうした状況を鑑み、安全に十分配慮した整備をしたうえで開放するという「発想の大転換」を実施。その結果、この防波堤は多くの釣り人等で賑わう海釣り公園に変身し、昨今では熱海の新たなにぎわい創出空間になっていると言う。
 
海釣り公園の概要
 場所:熱海港外防波堤
 管理:NPO法人「SEA WEB」(熱海市から管理受託)
 利用:年中無休(荒天時及び花火大会開催日は休園。)
  4~10月:6時~19時  11月~3月:7時~17時
  ※ライフジャケット要着用(無料貸与あり)
 料金:大人300円(100円)、中学生200円(50円)、
  小学生100円(50円)
  (括弧内は見学の場合。小学生未満は無料)
 駐車場:約100台収容可能。500円/回(開設時間内のみ。
  短時間の場合市営駐車場あり)

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-05-16 16:16 | 静岡ニュース | Comments(0)
サンセイブ・エンターテイメント、夜10時まで預けられる託児所完備の親子カフェをオープン 静岡県浜松市
2007.04.23
アミューズメント施設やフィットネス・スタジオなどを手掛ける株式会社サンセイブ・エンターテイメント(静岡県静岡市、野原利昭代表)は、親子が安心して楽しめる託児所完備の新形態カフェ「KIDS SALONE(キッズサローネ)」を、静岡県浜松市にオープンしたと発表した。
同カフェの託児ルームは、子どもだけの利用も可能。託児施設のスタッフは全員保育士等有資格者で、ルーム内には国内外の厳選した知育玩具や絵本を揃えている。また、カフェについても、素材にこだわった健康に配慮したメニューを取り揃え、大人も子供も満足できる内容になっていると言う。
なお同カフェは、フィットネスクラブや温泉施設・パチンコなどの遊戯施設に併設する形となっており、保護者の「気兼ねなく息抜きしたい」というニーズに応えるとしている。
利用料金は、親子カフェ(キッズカフェ)のスペース利用は無料、託児ルームは1時間1000円(併設のフィットネス&スパ、パチンコ&スロットを利用の場合は1時間400円)。営業時間は10時~22時まで。
同社では、今後3年以内に20店舗の展開を目指す。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2007-04-23 05:24 | 静岡ニュース | Comments(0)