日本全国の まちおこし と 不動産 の総合ニュースサイトです。
by machizenkoku
カテゴリ
このサイトについて
1棟まるごと貸別荘!
特集
北海道ニュース
青森ニュース
秋田ニュース
岩手ニュース
山形ニュース
宮城ニュース
福島ニュース
栃木ニュース
群馬ニュース
茨城ニュース
埼玉ニュース
千葉ニュース
東京23区ニュース
東京都下ニュース
神奈川ニュース
新潟ニュース
山梨ニュース
長野ニュース
静岡ニュース
愛知ニュース
岐阜ニュース
富山ニュース
石川ニュース
福井ニュース
滋賀ニュース
三重ニュース
奈良ニュース
和歌山ニュース
京都ニュース
大阪ニュース
兵庫ニュース
鳥取ニュース
島根ニュース
岡山ニュース
広島ニュース
山口ニュース
香川ニュース
徳島ニュース
高知ニュース
愛媛ニュース
福岡ニュース
佐賀ニュース
長崎ニュース
熊本ニュース
大分ニュース
宮崎ニュース
鹿児島ニュース
沖縄ニュース
物流不動産ニュース
日本一周青春の旅
びえい新聞ニュース
北海道不動産検索サイト
東北不動産検索サイト
関東不動産検索サイト
中部不動産検索サイト
近畿不動産検索サイト
中国不動産検索サイト
四国不動産検索サイト
九州不動産検索サイト
沖縄不動産検索サイト
北海道まちおこしオフィス
東北まちおこしオフィス
関東まちおこしオフィス
中部まちおこしオフィス
近畿まちおこしオフィス
中国まちおこしオフィス
四国まちおこしオフィス
九州まちおこしオフィス
沖縄まちおこしオフィス
別荘・田舎暮らしリンク
北海道タウン誌リンク
東北タウン誌リンク
関東タウン誌リンク
中部タウン誌リンク
近畿タウン誌リンク
中国タウン誌リンク
四国タウン誌リンク
九州タウン誌リンク
沖縄タウン誌リンク
倉庫物件
東京城南物件
不動産担保ローン
以前の記事
<   2006年 08月 ( 107 )   > この月の画像一覧
カナメ、最高級チタン成型屋根「カナメ チタン段付本瓦葺き」を発売 栃木県宇都宮市
2006.08.02
寺社建築などを手掛ける株式会社カナメ(栃木県宇都宮市、渡部渉社長)は、日本の伝統建築(社寺・住宅)向けに、耐候性に優れ、美しい意匠を持つ最高級チタン成型屋根「カナメ チタン段付本瓦葺き」の開発に成功、全国で販売を開始したと発表した。
近年、環境の悪化による酸性雨や沿岸地域での塩害などにより、永年耐久と言われてきた銅屋根も一部条件下では腐食が見られ始めている。同社ではこうした状況を鑑み、より強い耐久性を求め、チタン材での本格的な段付本瓦屋根を開発した。
従来のチタンを使用した屋根は、その素材の特性から、金型での複雑な加工・成型が出来ず、平葺きが主体だったと言う。同社では新たな金型の開発と独自のプレス技術により、段付本瓦の荘厳なたたずまいを再現することに成功、 鬼瓦や付随役物も含め、全てチタン材による完全チタン屋根を実現した。
なお同商品は、東京都台東区の浅草寺宝蔵門外部改修工事(屋根面積:1,080㎡、平成19年4月完工予定)で既に採用されている。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-08-02 18:41 | 栃木ニュース | Comments(0)
プロロジス、大阪市に大型免震物流施設「プロロジスパーク舞洲I」を竣工 大阪府大阪市
2006.08.02
f0061306_12471086.jpg物流施設専門の不動産開発会社プロロジス(日本本社:東京都港区)は8月1日、オフィス用品デリバリーサービス業のアスクル株式会社(東京都江東区、以下アスクル)専用ビルド・トゥ・スーツ型(オーダーメイド型/特定企業向け)大型免震物流施設「プロロジスパーク舞洲I(ワン)」(大阪市此花区)が竣工したと発表した。
「プロロジスパーク舞洲I」(アスクル新大阪センター(仮称))は、敷地面積25,835㎡、延床面積93,021㎡(賃貸面積72,949㎡)、地上6階建の大型物流センター。同社としては国内最大の一社専用物流施設となる。同社のビルド・トゥ・スーツ型では初めて、大型トラックが各階に直接アクセス可能なランプウェイを2基(上り用・下り用)備えると同時に、最新の免震構造を採用した。また、道路沿いに緩衝緑地帯を設けるなど、周辺の環境にも配慮している。
同施設の所在地は、大阪都市圏の中心からおよそ8.7㎞、関西国際空港から28㎞、神戸市から16.1㎞の場所。阪神高速湾岸線及び淀川左岸線に直結し、JR安治川口駅にも近い。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-08-02 12:47 | 大阪ニュース | Comments(0)
滝川市、移住定住推進事業-ウェルカム・プロジェクト-を実施中 北海道滝川市
2006.08.02
f0061306_917867.jpg北海道滝川市は現在、移住定住推進事業-ウェルカム・プロジェクト-を実施中だ。市では、市有地及び土地開発公社の「せせらぎ団地」の紹介ほか、「※住まいネットワーク」登録業者による民間物件の情報提供についても、「ワンストップ窓口」で行っている。
移住希望者は、希望する住宅の条件を「ワンストップ窓口」に連絡し、窓口は希望条件にあった住宅の情報提供を「住まいネットワーク」登録事業者に依頼する。希望する物件があった場合は、移住希望者から直接、登録事業者に問い合わせをするという仕組みだ。
※「住まいネットワーク」は、市内に物件を有する事業者が連携し、滝川市への移住希望者に対し、住宅や土地に関する情報提供や現地下見に対応するもの。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-08-02 09:11 | 北海道ニュース | Comments(0)
アットオフィス、24時間対応の「オフィス探しホットライン」サービスを開設 東京都目黒区
2006.08.02
f0061306_1224953.jpgオフィス仲介の株式会社アットオフィス(東京都目黒区、大竹弘社長)は、8月4日より24時間対応の「オフィス探しホットライン」サービスを開始すると発表した。
同社では2006年7月7日に「対面相談サービス」を導入した「アットオフィス神保町店」をオープン。平日夜9時までの営業としたところ、夕方以降、とくに夜7時以降の来店が多く、「夜の落ち着いた時間にオフィスを探したい」との声が強い一方で、「9時以降に問合せするのは気が引ける」との声も聞かれたと言う。
また、同社のホームページは、深夜・早朝(20時~翌朝5時)のアクセスが全体の26.4%、この時間の問合せは27.7%を占める。今回の24時間対応のホットライン・サービス開始は、こうした深夜・早朝の問い合わせニーズに対応するのが狙い。

オフィス探しホットライン サービス概要
 オフィス探しホットライン専用電話番号:0120-095-889
 サービス提供時間:24時間
 サービス料金:無料(通話料含む)
 サービス開始日:2006年8月4日

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-08-02 01:23 | 東京23区ニュース | Comments(0)
JTB、滞在型旅行に関する調査を基に農村民泊体験プラン「安心院プログラム」を開発 大分県宇佐市
2006.08.01
JTBは、滞在型・体験型・学習型といった志向を持つユーザー向けに、地域と一体となった新しい交流文化プログラム「Re Start 倶楽部」を開発、その第一弾となる農村民泊体験プラン「安心院プログラム」を8月2日から発売すると発表した(ホームページは本日より公開)。
同商品の開発に当たっては、5月2~5日に行われた「TOUR EXPO 2006」の来場者287名に対し、滞在型の旅行についてのニ-ズ及び意識を探るアンケート調査を実施。その結果、滞在型旅行への関心の高さ、歴史・文化に触れる体験への強い興味、多様多様な嗜好などが明らかになったと言う。
農村民泊滞在プログラム「安心院」は、農村民泊の先進地である大分県宇佐市安心院の家庭に滞在するプログラムで、参加費用は1人様8,700円(1泊2食税込・簡単な体験費含む)。受入人数は1名~4名程度(受入家庭により異なる)。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-08-01 19:43 | 大分ニュース | Comments(0)
康和地所、新規着工物件の土地・建物関連費の公開を開始 東京都千代田区
2006.08.01
外断熱マンションの供給を手掛ける康和地所株式会社(東京都千代田区、夏目康広社長)は、5月に着工した外断熱マンション「リリーベル幕張サーモス」より、物件の土地・建物関連費用の情報開示を開始したと発表した。
今回開始した情報開示は、物件の販売価格の大半を占める「土地関連費」と「建物関連費」を購入者などに開示するもので、建物を適正な費用で建設している点や、販売価格に対する費用の割合を明示し、住まいを選ぶにあたっての「参考」にして貰うというもの。マンションディベロッパーとしては初の試みとなる。
なお、同社はこれまでも「首都圏初のマンション外断熱工法の採用」「住まいに関する産学協同研究結果の開示」「着工~竣工間の3度にわたる現場見学会の実施」などを実施してきた。今回の情報開示も、こうした同社のユーザーに対する「姿勢」をアピールしたものと言える。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-08-01 18:53 | 東京23区ニュース | Comments(0)
パナホーム、グループの環境・社会報告書「エコライフレポート2006を発行」 大阪府豊中市
2006.08.01
f0061306_1344106.jpgパナホーム株式会社(大阪府豊中市、上田勉社長)は7月31日、パナホームグループの環境・社会報告書 「エコライフレポート2006」を発行したと発表した。
同レポートは、パナホームグループの事業活動を経済・環境・社会性の側面から分かりやすく紹介したもので、企業の社会的責任(CSR:Corporates Social Responsibility)への関心が高まるなか、これまでの「環境報告書」から「環境・社会報告書」へ内容・名称とも変更し、発行した。
内容は、「地球のために、未来のためにパナホームができること」「地球温暖化防止のために」「資源循環型社会をつくるために」「より安全で快適なくらしをめざして」「豊かな高齢社会に向けて」「松下グループが考える新たなくらし」「環境目標と実績」「パナホームの主な環境負荷」「温室効果ガス(工場・物流)」「有害化学物質(工場)」「廃棄物(工場・施工)」の削減「社会に対する責任」「お客さまとの信頼構築」「従業員とのかかわり」といったテーマから成り、内容の一部webページでも公開する。
同レポートの発行部数は5,000部、装丁はA4カラー30頁。

P R ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

by machizenkoku | 2006-08-01 13:44 | 大阪ニュース | Comments(0)